読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GANTZ O 観てきました!!

こんばんはー。

hazamasanです。

今日は、僕の大好きな漫画の一つである、GANTZの上映試写会に行ってきました。

しかも、アルバイト先の福利厚生で行けたのでお金も何もかかりませんでした。

非常にお得(笑)

 

 

GANTZとは

GANTZは、奥浩哉原作の発行部数2000万部以上の大ヒットを記録した漫画です。

f:id:hazamasan:20160908221147p:plain

2011年に二部作の実写映画が、嵐の二宮さん主演で上映されたのでも有名ですよね。

かなり、おおざっぱに説明すると、現実世界で事故などで死んだ人間が、GANTZという球体によって再度蘇らせられるけど、別の星から来た異星人との戦闘を強いられるというものです。そして、その戦闘に勝ち続けて100ポイント貯めたら1,蘇る 2,強い武器を手に入れる 3,死んだメモリー上の仲間を生き返らせることができるのいづれか一つを選択できるというものです。

ガンツの魅力は、人それぞれだと思うけど、私は異星人との戦闘シーンが一番熱いですねー。なんというか敵も味方も死にもの狂いで殺し合っており、まさに死闘とはこのことかと感じることができます。

 

GANTZ O について

f:id:hazamasan:20160908224038p:plain

肝心の本作品についてですが、今回はGANTZのコミック版でも、もっとも人気の高い大阪編が舞台になっています。何故、大阪編が最も人気なのかそれは。。。。やっぱりあれですよ、ろくろ首のお姉さんがレイプされるからでしょ。。。。違うか(笑)

おそらく、大阪編がコミックの中でも真実が明らかになっていくターニングポイントであるから。そして、やっぱり人間の善悪が前面に押し出されているからでしょうね。なんというか、終始絶望感が漂っています(笑)。強キャラがあっというまに死んでいくので、終始ハラハラします(笑)。

そいで、今回のCG版の映画ですが、CGの質はそこそこやと思います。最近のゲームのCGの方がレベル高い場合もあるかなと。声優はかなり豪華です。内容も多少の変化は当然ありますが、よくまとまっていました。コミック未読の友達と一緒に行きましたが、十分面白いといっていたので、内容のまとまり方はよくできていたのではないでしょうか。ただ、あの有名なレイプシーンがないのは仕方がないのか(笑)

まぁ、総じて90分の時間を使う価値は十分あると思います。ファンだけでなく、以前から興味を持っている人は是非観に行ってほしいです。